♪ T.C.A.会報   2003.8.29 第110号
 9月行事予定
 9月 5日(金) 定期練習 佐奈川公民館
    8日(月) ボイス・トレーニング 佐奈川公民館
   12日(金) 定期練習 勤労福祉会館
   13日(土) パート練習(音取り) 佐奈川公民館
   19日(金) 定期練習 勤労福祉会館
   22日(月) ボイス・トレーニング 佐奈川公民館
   26日(金) 定期練習 佐奈川公民館
★ 勤労福祉会館の和室は「さつき」のみのため和室での練習はできません。 ★

コンクールお疲れ様でした。秋は色々なステージ(呼ばれて行く演奏会をお座敷と学生の時言いました)があります。愛唱曲を増やす良い機会です。

 9月からの行事予定
  10月12日(日) ほーほう音楽祭     文化会館大ホール
  10月25日(土) ハートフルコンサート  文化会館中ホール
  10月26日(日) 明るい社会福祉協議会東三河大会 中ホール
  11月 8日(土) 東部小学校 
  12月14日(日) 一宮町自主公演      一宮町文化会館
    正式名称、内容は来月号に載せます


第56回全日本合唱コンクール全国大会について

 11月22日(土)、23日(日)に三重県総合文化センターで開催されます全国大会ですが、久々に中部地区(各地区持ち回りの為、9年ぶり)で開かれます。そして、三重県ということで日帰りも可能な距離になります。コンクールに参加した者にとって一度は全国のレベルに触れたいものです。
 問題はチケットの入手です。ハーモニーによりますと、2日連続券(7,020円)が10月1日から300セット、1日券が10月20日から各500枚販売受付となるそうです。連続券は申込枚数制限は無いのですが、1日券は1日2枚までとなっています。1日目は大学、一般A、2日目は職場、一般Bになり2日連続聴くのも悪くありません。また、交代で聴くことも可能です。松坂牛、伊勢エビのグルメツアーを兼ねて企画を考えたいと思っていますので、予定を空けておいて下さい。

愛知県合唱コンクール審査員講評

全体講評 中村雅夫氏
  詩に対する共感を持って歌っているか
  歌った時、心が感じられる演奏か
  ディクション(発音法)言葉の語り方の工夫
  発声の基本、基礎は日々の研鑚が大事

観点

神田

戸島

戸山

中村

渡辺

発声・音質

A A

A A

A B

B B

B B

音程・ハーモニー

A A

A B

A B

B B

AB B

音楽性

A A

A A

B B

B A

B B

選曲

秀 秀

良い良い

順位

 評価は5段階(AE) 左が選択曲 右が自由曲の評価


神田詩朗(指揮者)

(選)詩に皆さんが想いを寄せて表現されていることに感激
   自然さがとても良い
(自)“いました”の“し”の表現はむずかしいものですね
   妙に気になりました

   温かい詩情があって、想いを感じ取ることができます
   Ten.の音色はむずかしいです

戸島美喜夫(作曲家)
(選)言葉と声を通して情感が伝わってくる
(自)しばしば音程のだれ、惜しい

戸山俊樹(声楽家)
(選)とてもきれいでした
(自)最後、少し力尽きましたか

中村雅夫(指揮者)
(選)安定感のある合唱です。Unis.をそろえましょう。語尾のハーモニー
   を
決めましょう。「かっ」 「っ」の表現(dictionの工夫)
   伝わる日本語の発音を。

(自)重厚な響き、豊かなハーモニー。やはりもう一歩dictionの工夫が
   あると
 良いと思う。男声のdiv.もっと聴き合って鳴らしましょう。
   場面の変化がよく表現できていました。

渡辺 康(評論家)
(選)もう少し発声の鮮やかさがあると良い。線への熱意がほしい。
   アルトは
きれいだった。
(自)女声の発声の明るさがほしい。ロングトーンでのアルトが不安定に
   なる
事があります。支えを確かに。

 
 (編集担当:.pochi.)